リンク

  • 国際芸術センター青森
     2001年に安藤忠雄氏の設計により開館したアートセンター。アーティスト・イン・レジデンス事業を中心に、芸術創作の体験や鑑賞の機会を提供するとともに、市民とアーティストの多様な交流の機会を創出する。2009年より青森公立大学が運営母体となり、近年では学生や市民が積極的に参加してアーティストと一緒に作品をつくりあげるような市民共同プロジェクトなども積極的に展開している。


  • 青森県立美術館
     2006年三内丸山の縄文遺跡に隣接する敷地に北東北から芸術文化を発信する拠点として設立される。建築家青木淳氏の設計で、氏の代表作のひとつとなる。シャガールのアレコを常設で公開する巨大なアレコホールは圧巻。棟方志向、工藤哲巳、寺山修司、成田亨、奈良美智など青森県出身のアーティストの作品を多数収蔵しており、年3~4回開催されるコレクション展は毎回充実した内容で構成されている。


  • 青森県立郷土館
     「青森県の過去を振り返り、現在を見つめ、未来を考える」ことを目的として設置された『総合博物館』。常設展示、特別展示、土曜セミナー、講演会・講習会、出前授業・移動博物館、調べ学習応援団など、さまざまな観覧や学習の機会を用意している。自然から民族・歴史、郷土の文化や芸術まで公開する展示は、青森県についての理解を深める一助となる。


  • 十和田市現代美術館
     2008年に十和田市の中心街に「新しい体験を提供する開かれた施設」として開館。西沢立衛氏による設計で、個々の展示室を「アートのための家」として独立させ、敷地内に建物を分散して配置し、それらをガラスの廊下でつなげるという構成が特徴。展示室には国内外で活躍する21人のアーティストによる作品がコミッションワークとして恒久的に設置されており、他にカフェや市民ギャラリーなどがある。






  • naca npo法人アートコアあおもり
     nacaは、青森市唯一のアートNPOです。これまで、展覧会・まちかど市民フォーラムを多数開催、その他青森市中心市街地におけるイベントや上映会、食のワークショップ等、アートを核とした多種多様な事業を開催しています。


  • npo harappa



  • Teco LLC.



  • Midori Art Center(MAC)@hotel YAMAGAMI



  • ホテル山上
     → ホテ山ブログ

Copyright(c) 2003 AIRS All Rights Reserved.